自己紹介(イラストサイド用)

[メインページへ]


更新日付はページ下部に!

基本的なこと

るしか(ルシカ・エルメナンス,RfssicaElmnance)は、このサイトの管理人。
絵あんまり描かない。作曲とかしない。
耳コピするにも音感が足りないし専用ソフトも持ってない。
小説は描きかけで放置...
って感じな人です。

お絵かき(アナログ)について

基本的に落書きは紙とペンで。ペンといっても、
鉛筆でもボールペンでも赤ボールペンでもなんでもござれで描いてます。
ただ、気合いれて描くときはやっぱり鉛筆!これが一番。
ちなみにMITSUBISHIのGENERAL WRITING 9800 HBです。

コピー用紙とかに何枚もトレースしながら下書き的なものを殴り書きして、
最終的には清書用には中性紙を使います。
この紙がまた、十年以上前のものっぽくて、とても黄ばんでますが、
年季の入った上質な紙っぽくて鉛筆の線の摩擦がいい感じなんですよね。
濃淡の表現がしやすくてGood.

お絵かき(デジタル)について

全部デジタルで仕上げるよりは、下書きを紙とペンで描いて、
それをスキャナか何かで取り込むほうが多いですね。

お絵かき用のツールはPaintShopPro9という、いつの時代だという...
基本的にソレだけで仕上げています。

取り込んだら、明暗とコントラストを整えて...
ゴミ除去して、アウトラインを整えて...
カラーレイヤーを作って、塗り絵、と。

シャドウハイライトの入れ方ですが、
ライト&ダークツールという、
焼きこみと多い焼きの、効果ののりをマイルドにしたツールがあって、
それをメインとして使って塗っていきます。
まずシャドウをベースに入れるので、全体的に暗い色合いになります。
ハイライトのノリもマイルドですが、
場合によっては本物の多い焼きツールを使って、
光沢感や透明感、テカリを出すこともしばしば。

お絵かき(ベクタードロー)について

簡易なものは全部デジタルで作りますが、
それなりに使おうと思っているものは、
紙に、定規やコンパスを使って作図して、
スキャナで取り込んで使います。

作図ソフトはPaintShopProのペンツール。
イラストレータより操作が簡単なので、
高速で緻密な部分まで書けます。

耳コピについて

実家にショートオルガンがあるので、
それを弾いて音を確かめてます。

MIDIで耳コピするときは、Cherry1.5.2を使っています。
かなり古いですが、フリーソフトですしかなり作りこめます。

一方NESライクな音源で作るときはピストンコラージュを使っています。
音源はピスコラにデフォで入っているものを多用してますが、
たまーにピストンボイスで音源を作ることもあり。

ピスコラで作ったあとに、SoundEngineFreeで、
NES風にエコーなどのエフェクトをかけて完成。

小説について

基本的に世界観は自作です。
文学者ではなくあくまで趣味ではじめたので、描写はチープです。
小説というよりは神話風な物語なので、
あまり場面の描写ではなく解説風になっています。

第一章(NEON)が、秩序神と混沌神の対戦による、
タイジュ界創生のおはなしで完結済み。

第二章(NEON2)が、タイジュ界創生後、
ランシーカ神が眠りについたあと、
竜王大戦からその後、ナルコバルス神が混沌神を復活させるまで、
のおはなしで完結済み。

第三章(NEON3)が、混沌神の復活後、
ランシーカ神がカミアバルス神を下界に遣わせてから、
タイジュ界の終焉までの予定。未完結。